WEBコンサルタント櫻井麻衣子の仕事や日常の事など、誰でも書けるような戯言を継続して書いてみるblog

すべての行動に「価値」を求めるな。~パレートの法則から導き出される行動の意味

知人からのメールに「これが価値があるかどうかはわからないけど・・・」という一文があった。

私は、すべての行動に価値を求めなくてもいいと思っている。
価値のない行動も、「ある意味」役に立つと思っているからだ。

その理由をグダグダと述べてみようと思う。

パレートの法則とは?

パレートの法則とは、80対20の法則とも言われている。
経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説である。(Wikipedeiaより引用)

例を出した方がわかりやすいだろう。

ビジネス界でよく言われているのは、

  • 売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
  • 売上の8割は、全顧客の2割が生み出している。

  • よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。

    というようなことだ。

    この80対20の法則は、様々なことに当てはめられる。

    もし、無駄な8割を排除したら?

    もし、売上の8割を2割の社員が作りだしているとしているなら、8割の社員を整理したらどうか?と思うかもしれない。
    2割になるような社員を増やしていけば、いい会社になるのではないか?

    こういう実験がある。
    学者の実験で、80%の働かないアリを排除したところ、20%の働くアリが2:8に分かれてしまう結果が得られたそうだ。

    パレートの法則

    つまり、働く社員だけを残そうとしても、その中でまた80対20の法則が出来てしまうということになる。

    なんとも不思議な話だ。

    20%を維持するために…

    最初の話に戻そう。
    私が、すべての行動に価値など求めていない理由は、パレートの法則から導きだされたことである。

    価値のある20%を維持するために、80%の行動がある。
    売上につながる20%を維持するために、お金に繋がらない80%の行動もする。

    パレートの法則によると、こういうことだ。

    1つ1つにやる意味なんてなくていい、やろうと思ったのなら、とりあえずやればいい。
    やってダメなら、やめればいいだけのことだ。
    もしかしたら、その行動が20%の価値になるかもしれない。

    なんだかまとまりがないが、今の行動が価値のあるものかどうかはわからないが、20%の価値になるかもしれないし、ならなくても20%を維持する行動にはなるってこと。

    参照

    身近にあるパレートの法則~NAVERまとめ

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    運営者

    ピークウェブ WEBコンサルタントの櫻井麻衣子です。 SEO会社がしのぎを削るキーワードで、長年にわたって上位表示を実現。 SEOのみならず、女性視点を生かした女性集客専門のWEBコンサルティングもしています。 趣味は、車・F1・犬・料理。

    SEOマニュアルFacebookページ