WEBコンサルタント櫻井麻衣子の仕事や日常の事など、誰でも書けるような戯言を継続して書いてみるblog

誤表示問題から思うこと~嘘はつきとおせるのか?他

ホテル、百貨店、外食産業・・・
次から次へと出てくる「誤表示」問題で思い浮かんだことを、ツラツラ書いてみる。

どのくらいの人が怒っているのか?

これだけ話題になっていると、みんながみんな怒っているように感じる。
Googleトレンドを見ると、「誤表示」の検索数はグーッとあがっているし、旬の話題であることは間違いない。
誤表示・グーグルトレンド
しかし、Twitterやヤフコメを見ると、怒りや悲しみの声以上に、「やっぱり」「期待していない」「あそこもそうなのでは?」という他人事のようなコメントが多く、思ったほど怒りの声はあがっていない。
というより、次にどこが出てくるのかを楽しんでいる感じである。

そもそも人が怒るのは、それだけ期待しているからである。
期待していないことに対しては、裏切られたとも感じないし怒りもしない。
また、自分が利用したことがなければ、所詮他人事だろう。

私は、百貨店好きで普段からよく利用しているため、百貨店に関しては少し残念だった。
高くても百貨店に行くのは、自分を覚えてくれている居心地の良さやおもてなし、信頼があるからだ。
しかし、外食産業に関しては「まぁ、そんなこともあるだろう」くらいに思っているので、芋ヅル式に出てきても「あぁ、またなのね」くらいの感情にとどまっている。

しかしこれからどんなに良いお店で食事をしようと、「もしかしたら・・・」と疑いの念を持つことは否めないだろう。

嘘を告白するタイミングとは?

次から次へと誤表示が明るみになっていくのは、「この流れに便乗して言ってしまおう」「後からでは、自分だけ目立ってしまう・・・」というような理由だろうか?
「赤信号みんなで渡れば・・・」状態である。

確かに、隠していた嘘を告白するタイミングはあるのだろう。
それは個人においても同じだ。
浮気を告白するタイミング、彼氏に年齢詐称を告白するタイミングなどなど・・・
嘘をついた側の被害を、最小限に抑えられるタイミングがあるのだと思う。

「相手の意識が一点に集中していない時・・・」これが告白のタイミングなのかもしれない。

嘘をつくと、その嘘を守るために嘘を重ねていかなければいけない。
こんな苦しいことはないだろう。
そう考えると、嘘をつくことも、嘘を告白することも「保身」のためなんだなと。

嘘は、つき通せるのか?

また、こういう場合「内部告発」で明るみになるパターンもあるだろう。
完全な嘘なんてつけないし、真実はいつかバレるものだと思う。
誰かが知っている限り、隠し通すなんて無理なのだ。

私も生きてきた中で、大小さまざまな嘘をついたことがあるが、大きな嘘ほど必ずばれている。
人間は嘘をつく動物だが、嘘をつきとおせる動物ではない。
ちなみに、嘘を見破る方法まとめがあったので、貼っておく。

どうしても隠したいという思いが強いと、嘘を知っている人が邪魔になってきて、良からぬ犯罪が生まれたりすることもある。
怖い怖い・・・

しかし、人は1人では小心者なのに、組織になると「よくそんなことが?」と思うようなことができるものだ。良くも悪くもだ。

偽装でなく誤表示?

「嘘をついたという認識はなく、あくまで表記を間違っただけ」
口をそろえて言う言い訳だが、誤表示であれば「高いもの」を間違えて「安いもの」で表記することもあるはずだろう。
それがないのだから、偽装と言われても仕方ないのだが、正直この点についてはどちらでもかまわない。

ネット世界では、誤表示だらけ

ふと、ネット上での「プロフ写真の盛り過ぎ」は、誤表示に当たらないのか?と思った。
加工しすぎ、まるで別人の写真をよく見る。

私も人の事は言えない・・・
加工も何もしていないが、プロフ写真を撮ったのは3年前。あれから妊娠出産で太ってしまった。
偽装でも誤表示でもないが、「消費期限切れ」ってところ。
まだまだセーフである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者

ピークウェブ WEBコンサルタントの櫻井麻衣子です。 SEO会社がしのぎを削るキーワードで、長年にわたって上位表示を実現。 SEOのみならず、女性視点を生かした女性集客専門のWEBコンサルティングもしています。 趣味は、車・F1・犬・料理。

SEOマニュアルFacebookページ