WEBコンサルタント櫻井麻衣子の仕事や日常の事など、誰でも書けるような戯言を継続して書いてみるblog

ブログやSNSを一瞬で残念にする言葉遣い

2013.11.14

5,853件

仕事でブログやSNSを使っているのであれば、頭の悪そうな言葉遣いは避けるべきだと思う。

  • 顔文字
  • ギャル文字・ギャル語
  • こんにちわ などの誤字
  • 単に品のない言葉遣い
  • wやwww
  • など。
    「一般的には」これをやめるだけで、好感度だけでなく、受注率や成約もあがるだろう。

    アメブロからFBで幻滅

    ブログというのは、ベールに包まれている部分がある。
    無理をしている感じは伝わるが、もっともらしく記事を書いていれば、それっぽく見えてしまうものでもある。
    ネット上でのキャラを作り、それ通りの自分でいることも可能なツールなのだ。

    しかし、Facebookはちょっと違う。
    交友関係や日常生活が、ブログよりは丸見えなのだ。

    アメブロで憧れのブロガーさんの生活をFBで見ることができて嬉しい!
    そんな気持ちになることもあるが、逆に心底ガッカリすることもある。

    アメブロでは偉そうなことを綴っているコンサルタントが、FBでは「マジで、コイツ、すげぇ、かっけぇ~!」などと品のない言葉で書いてあるのをみると、ガッカリである。
    今までどんなに良いことを書いていたとしても、突如説得力がなくなってしまうのだ。

    アメブロプロフィール写真のさわやかコンサルタントが、ただのチャラ男に成り下がった瞬間である。

    例外もあるけれど・・・

    もっとも、どんな言葉遣いでもキャラに合っていれば、不自然さを感じないので良いのだと思う。
    上記にあげたような言葉遣いをしながらも、自然体で品がある、なぜか知性も感じられる、そんなブログも確かに存在する。

    冒頭で「一般的には」と述べたのは、そういう例もあるからである。
    そういう世界を持っている人は、人を楽しませることができている。

    だって、そこには品位や思いやりがあるから。

    個を出すことと、マナーは別問題

    SNSやブログでは、個をさらけ出した方がよいだろう。
    かっこつけて書いた文章より、自分の生の感情をありのまま書いた方がよいのだ。
    なぜなら、ブログは見てもらってナンボのもの。
    はいて捨てるほどあるブログの中で、気取って書いた文章なんて読まれるわけがない。
    個人的には、炎上したっていいんじゃない?と思うくらいだ。

    しかし、何を目的にブログを書いているのか?誰に読んでもらいたいのか?それを少し考えれば、言葉遣いも自ずと変わってくるのではないだろうか。

    自分のお客様が読んでいるかもしれない、見ているかもしれない場所であることをお忘れなく。
    人となりは言葉遣いでわかってしまうのである。
    「頭が悪そうに見える言葉遣い」は、あなたのブログを一瞬にして残念にしてしまうのだ。

    他にも「頭が悪そうに見える言葉遣い」があったら、教えていただきたい。

    予告

    最近毒ばかり吐いているので、次回はスマホの写真を整理しつつ、「神楽坂グルメレポ」にしたいと思います。
    一応予告のつもり

    ツイッターでも呟いています。よかったらフォローしてください。

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    運営者

    ピークウェブ WEBコンサルタントの櫻井麻衣子です。 SEO会社がしのぎを削るキーワードで、長年にわたって上位表示を実現。 SEOのみならず、女性視点を生かした女性集客専門のWEBコンサルティングもしています。 趣味は、車・F1・犬・料理。

    SEOマニュアルFacebookページ