WEBコンサルタント櫻井麻衣子の仕事や日常の事など、誰でも書けるような戯言を継続して書いてみるblog

アクセスのない時期にブログを継続するコツ

ブログを書くのをやめてしまう理由の1つに、アクセスがないことがあげられるだろう。
ブログを書いている人は、誰かに読まれたいしアクセスが欲しいはずだ。

しかし、起ち上げたばかりのブログに、アクセスがワサワサくることなんてまずないのだ。
そのことをわかっていない人も多いのだが…そういうものなのである。

パソコン

ブログを書きっぱなしにしていないか?

 
とはいえ、今は便利な世の中になったもので、ソーシャルメディアが普及している。
新しいブログを作っても、ソーシャルメディアをやっていれば、すでにお友達でいる人たちに案内することができる。
あわよくば、拡散してもらえるかもしれない。

まずは、お友達の「義理アクセス」でもいいので、獲得しておこう。
モチベーションになるはずだ。

ブログを書いたら、自分の使っているメディアで宣伝する、これは鉄則だ。

お役立ち記事を書けというけれど・・・

しかし、友人に向けて書いている人だけではないし、読んで欲しい人に読んでもらいたい。
できれば将来のお客様になってくれそうな人に読んでほしいし、いろんな言葉で検索もされたいし、バズられたい・・・

当たり前だ。
いつまでもお友達だけに読んでもらっているわけにはいかないのである。

では、お友達以外に読まれるにはどうしたらいいのか?

よくお役立ち記事を書けというが、なかなか友達以外に評価されてバズられるようなお役立ち記事を書ける人はいない。
それに、あなたの持っている情報や知識は、すでに誰かが持っているものが多いであろう。
どんなに良いものであっても、役立つだけではだめなのだ。
また、オリジナルで個性的なことを書いたとしても、この段階ではまだまだ注目されない・・・とても厳しい時期である。

まずはアクセスを集めなければ、何も始まらない。

アクセスのない時期に、ブログを継続するコツ

(**前提として、サイト内ブログでないことをご了承いただきたい。
独自ドメインブログや、アメブロなどの外部ブログを使っている場合を想定している。)

アクセスのない辛い時期にブログを継続するためには、ブログを楽しむことと自由でいることだ。
例えば私が「継続するために」していることは、下記のことだ。

  • 枠にはまらない
  • テーマを決めない
  • ノルマを決めない
  • 書けなくても気にしない
  • 文章は寝かさない
  • よい意味でのライバルを作る
  • 枠にはまらない

    ブログには、こうでなきゃいけない決まり事なんて、何一つない。
    どう使おうとあなたの自由だ。

    テーマを決めない

    ・仕事の内容と関係ない話を書いたらいけない。
    ・自分の言いたいことより、人が知りたいことを書かないといけない。
    ・飲んだ食ったの記事は、書いたらいけない。

    こんなことを見たり聞いたり教えられた人は多いだろう。
    私もサイト内ブログであれば、基本的にはそのように言う。

    これは外部ブログや独自ドメインのブログの場合であるが、アクセスのない時期なんて何を書いたって自由だ。
    どうせ誰も見ていないのだから・・・
    しかし、検索エンジンは見ているのである。

    あなたがテーマを決めずに、ツラツラと書き綴っていることを、検索エンジンはインデックスしてくれている。
    あなたが継続していれば、いずれ検索エンジンは人を呼び込んでくれるだろう。

    まずは、なんでもいいから書くことなのだ。

    ノルマを決めない

    目標を決めるのはいいことだが、毎日書けなくったってよい。
    1日に3回更新しろとか、100記事までは毎日書けとか、わざわざ自分を苦しめる必要はない。
    好きなようにやることだ。

    だいたい気分の乗らない時に書いた文章など、おもしろくないので、誰の心にも響かないのだ。

    あなたが本気であれば、ノルマなど決めなくても書けるときに書くだろう。
    それならば、気分が乗らない時に無理して書く必要はない。

    書けなくても気にしない

    「昨日は更新しなくてごめんなさい」と、言い訳のように書きだしている人を見かけるが、安心してほしい。
    誰も見ていないのだから、誰も怒っていない。
    見ているわずかの人だって、あなたの更新を期待していない。
    ブログの更新情報が、FBやTwitterのタイムラインに流れてはじめて思い出す程度である。

    あなたが1日休んだところで、何も変わらないのである。
    だったら、書ける日に2記事3記事書けばいい。
    自分を苦しめないことだ。

    文章を寝かせない

    よく書いた文章を寝かせると言うが、アクセスの集まらない時期にそんなことをしなくてもよい。
    寝かせて書き直した文章など、生々しさが消えてしまい、つまらないブログが余計につまらなくなる。

    ありのままのあなたでいいから、まずは書いて投稿することだ。
    寝かせている時間があれば、次の記事を書いてほしい。

    よい意味でライバルを作る

    「あの人頑張っているなぁ、私も頑張ろう!」
    そう思えるブロガーさんを、心の中でもいいから作ってみよう。
    相手が更新したり、いい内容を書いたり、バズられたりしていれば、あなたにとっていい刺激になるはずだ。

    私もこのブログは、書き始めて日が浅いので、よい意味のライバルを作っている。
    年末までの、アクセス数を競っているのだ。
    テーマも違うし、ブログの書き方、更新頻度も違う。
    しかし、勝ちたいなぁと思うことで、私もブログの書き方をいろいろ考えネタを考え、継続することができているのだ。

    継続するには、まずは書くこと

    確かにアクセスアップのために有効な方法はあるし、ビジネスに使いたいならもっと考えないといけない。
    しかし、最初からそういったルールに縛られてギスギスに始めるよりも、まずは自由に書くことが大切なのだ。

    アクセスが集まるまでには、一般的にはやや長い道のりと言える。
    それを乗り越えるためには、ここで立ち止まってはいけない。

    上記に書いたこと以外でも、あなたが気楽に楽しんで書けることなら何でも良い。
    それが継続するためのコツなのである。

    継続するためには、ほどほどに肩の力を抜いて、細かいことを気にせずにやること。
    そのままやる気ダウンしないように注意すれば大丈夫だ。

    アクセスが増えてきたら、次なることをいろいろ考えよう。

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    運営者

    ピークウェブ WEBコンサルタントの櫻井麻衣子です。 SEO会社がしのぎを削るキーワードで、長年にわたって上位表示を実現。 SEOのみならず、女性視点を生かした女性集客専門のWEBコンサルティングもしています。 趣味は、車・F1・犬・料理。

    SEOマニュアルFacebookページ